Airbagsエアバッグ

エアバッグは、前面衝突や側面衝突時に
人体の様々な部分を守ること
のできる最も重要な
自動車安全部品です。

オートリブは、エアバッグ製造業界の
リーダーとして認められています。
エアバッグはシートベルトとの組み合わせで
最適な乗員保護性能を提供します。

前面衝突エアバッグ(運転席と助手席)

前面衝突では、運転席エアバッグにより死亡者は約25%減少し、重大な頭部傷害を60%以上低減します。また助手席エアバッグにより死亡者は約20%減少します。

運転席エアバッグはステアリングホイールに、助手席エアバッグはフロントパネルに設置されています。これら前面衝突エアバッグは50/1000秒以内で展開されます。ちなみに側面衝突エアバッグは12/1000秒以内に完全に膨張する必要があり、これは まばたきの8倍の速さです。

エアバッグが展開した後、ベントホールから内部ガスが排気されバッグが収縮しながら乗員を保護します。前面衝突エアバッグは、約1秒後には内部ガスがすべて排気されます。

ニーエアバッグ

ニー(膝)エアバッグは、膝、太もも、および腰の負傷のリスクを大幅に低減します。ニーエアバッグは、運転席側ではステアリングコラムの下にあります。

助手席側では、通常グローブボックスの下に取り付けられます。ニーエアバッグは、足の怪我を減らすだけでなく、乗員の腰を適切な位置に保つことで通常の前面衝突エアバッグとともに作用しながら、頭部と胸部を最大限に保護します。

オートリブのニーエアバッグは、車内のスペースをより有効に使用できるようにし、従来の金属製バーなど膝部分を保護するものよりも軽量なソリューションを提供します。

サイドエアバッグ

サイドエアバッグは、側面衝突による重大な胸部傷害を約25%減らします。

胸部保護サイドエアバッグ

わずか10リットル程度の容積のバッグにて, 必要な乗員保護性能を有しつつ, 乗員にやさしくかつ効率的に膨張します。胸部バッグは、12/1000秒以内に膨張します。

頭部 胸部保護サイドエアバッグ

バッグは、乗員の側面衝突で頭部と胸部両方の保護を兼ね備えており、主にコンバーチブル車など、カーテンエアバッグを取り付けることができない場合に使用されます。

腰部 胸部保護サイドエアバッグ

このエアバッグは、胸部および腰部の傷害のリスクを減らすように設計されています。 その為にバッグを乗員の腰部まで延長し、腰部のエアバッグを高圧で膨張させることにより側面衝突の胸部と腰部の負荷を効率的に分散しています。

カーテンエアバッグ

サイドカーテンエアバッグは, 側面衝突時の重大な頭部傷害を半減させることができます。

サイドカーテンエアバッグは、乗員と窓の間にクッションを展開させ、乗員の頭部を車内や, 側面衝突時に侵入する車両との衝突から防ぎます。

フロントセンターエアバッグ

ファーサイドインパクトは、乗員の着座側とは反対側からの側面衝突を意味します。ファーサイドインパクトの40%は重大な傷害につながっています。

運転者が単独の状況では首/脊椎が過度に曲がり、助手席の乗員も同乗する状況では、 運転者と助手席の乗員が接触することで傷害を引き起こす可能性があります。

インフレータ(エアバッグガス発生器)

インフレータは衝突時にエアバッグを膨らませるために使用されています。オートリブのインフレータ技術は、世界中にある非常に厳しい法規および顧客要求を満足してきた実績があります。

インフレータは制御されたガスを作り出し、エアバッグを十分に膨らませます。傷害が発生する ある一定の状況において乗員への衝撃を和らげます。

オートリブは、以下のような複数のインフレータタイプを用いることにより、車両全般のエアバッグに対応しております。

  • パイロテクニック(火薬式)

  • ストアードガス(ガス式)

  • ハイブリッド(混合)

パイロテクニックインフレータ
(火薬式インフレータ)

パイロテクニックインフレータは、ガス発生剤を燃焼させることによりガスを生成します。ガス発生剤は、ガスを生成するために制御された速度にて燃焼する化学物質です。オートリブのパイロテクニックインフレータは固体のガス発生剤を使用しております。ガス発生剤が生成するガスは、インフレータ内のフィルタを通過することで冷却され、乗員保護するためのエアバッグを時間内に膨らませます。

ストアードガスインフレータ
(ガス式インフレータ)

パイロテクニックインフレータと異なる設計であり、高圧で充填されたガスを制御しながら排出することでエアバックを膨らませます。
ストアードガス技術は、サイドエアバッグやカーテンエアバッグに主に使用され, パイロテクニックに比べ、非常に冷たいガスを提供できます。

ハイブリッドインフレータ
(混合インフレータ)

ハイブリッドインフレータは、ストアードガスとパイロテクニックを組み合わせた機構です。
ハイブリッドインフレータは, 高圧ガスが放出される際にガスが膨張することによるガス冷却特性をインフレータ内部の火薬の燃焼熱で補います。

イニシエータ(点火装置)および
マイクロガスジェネレータ(小型ガス発生器)

オートリブは自動車用安全装置の作動のために重要な二つの部品を製造しています。

イニシエータ(点火装置)

インフレータ作動をさせるための点火装置です。
イニシエータは電気的着火機構を用いることにより、エアバッグインレータを確実に作動させます。

マイクロガスジェネレータ
(小型ガス発生器)

シートベルトプリテンショナ―に搭載できるよう小型に設計されています。シートベルトプリテンショナーは、マイクロガスジェネレータによって発生させるガスの膨張圧力を利用して、衝突の際、瞬時にシートベルトを巻取ります。

テキスタイル

高品質の材料を使う事は、シートベルト、エアバッグ用クッションにおいて、乗員の安全性を確保するために重要になります。オートリブは、世界中の皆様の命を守るために、丈夫で高い技術のテキスタイルを使用しています。

製品に使用される材料は、日々の試験、検査を行う事により、問題を見逃さない様にしています。

オートリブのテキスタイルに関する専門分野は、以下になります。

  • 生産

  • 検査

  • 裁断

  • 染色

  • 縫製

  • コーティング

  • 精錬